辞めたい!辞めたい!でも当てがない時の解決方法

  • 辞めたい気持ちはあるけど当てがないと辞められない
  • 家族の生活もローンもあるので簡単には辞められない
  • わかっているけどやっぱり辞めたい!
  • 辞めたいけどどうすればいいか分からない

辞めたい気持ちって理屈じゃないんですよね。
損得じゃないから次の仕事の当てがあろうがなかろうが辞めたいもんは辞めたいんですよ。

でも結婚してる、子供もいる、家のローンもある・・・
それじゃあ現実問題としてやっぱり仕事の当てがないと辞められないですよね。

仕事の当てがないなら自分で作ればいい

  • 辞める前に次の仕事の当てを作る
  • 確実に当てを作るなら転職サイトを活用しない手はない

まず辞める前に転職サイトに登録をしておくこと。

辞める前に転職先を決めるのがベストだが、万が一決まらなくてもフライングで転職活動は始めておくべき。

無料なのでデメリットはないし、むしろメリットしかない。

どこかで辞めなければ現状は変わらない。
何年後かに間違いなく「あの時転職していれば・・・」と後悔しているはずです。

「あの時」が今です!
今があなたの人生で一番若い瞬間なんです。

辞めないほうがいい人

  • 転職を繰り返している人
  • 次の職場が決まっていない人
  • 転職する目的がない人

こういった人たちは安易に辞めないほうがいいです。
異動など辞める以外の道を探しましょう。

辞めたほうがいい人

  • 異動では解決されない人
  • ブラック企業に務めている人
  • 明確な転職する目的がある人

こういった人たちは当てがなくても辞めたほうがいいかもしれません。

それでももちろん当てはあったほうがいいに決まっているので、時間的余裕があるならきちんと次の仕事を決めてから辞めましょう。

安易な退職は危険だがやむを得ない場合は仕方がない

安易な転職は生活を脅かす危険があります。

ただ、ブラック企業で身体や精神がもたないなど、今すぐ辞めなければならない場合は退職するしかありません。

逆に辞めたいけど、急がない場合は転職サイトを利用して次の仕事、すなわち「当て」を作っておくべきです。

当てがあるだけで心に余裕ができます。
余裕があればまたブラック企業に就職してしまった、などの後悔をするリスクも減ります。

逆に余裕がない状態で再就職するとまたブラック企業だった!ということになりかねません。

当てがなくても辞めれるけど、可能な限り当てを作っておく。

これで退職・転職の失敗リスクを減らすことができます!

タイトルとURLをコピーしました