仕事から逃げたい30代は必ず読んで!

逃げても大丈夫!
なぜ逃げても大丈夫なのか?

仕事量が多すぎる
休みが全然ない
人間関係が悪い
プレッシャーに耐えられないなど

我慢しながら働き続けている人が多い中、30代にもなって仕事から逃げたいなんて甘え??

30代になると責任も増え、会社からのプレッシャーも増えます。
知らずしらずのうちに、体だけではなく心にも負担がかかっている可能性があります。

逃げたい時は逃げてもいい!

普通はまず「辞めたい」と思う。
「逃げたい」という言葉が出てくる時点ですでに危険な状態です!

また、あなたの代わりはいくらでもいます。
あなたが責任を感じて会社に残らなければいけないと思う必要はまったくありません!

30代は仕事から逃げたくなるお年頃

若手から中堅へ・・・
責任が増える
今までより難しい仕事をやらされる
会社からのプレッシャーも増える
そのくせ給料が突然増えるわけでもない

私も35歳の時に上記の理由から「逃げたい病」にかかりました。

逃げるのは「甘え」ではない

もっといい環境で働くことを選ぶだけ
問題に目を瞑り、解決を先延ばしにすることのほうがある意味「逃げ」ではないでしょうか?

逃げたい気持ちを我慢し続けるのは危険

心と身体が壊れる
転職したいと思った時にはまともに働けない
ストレスが溜まりすぎると身動きが取れなくなる
感覚が麻痺して、ストレスに気付かないフリをして働き続ける
ストレスに気付いた時には手遅れになっている

言葉は悪いが、あなたの代わりはいくらでもいます!

仕事から逃げたい時の対処方法

長期休暇を取る、または休職する

もし取れるなら取って休みたいところだが実際は理想論。
そもそも長期休暇を取らせてもらえるような会社ならこんなことにはなっていない。
またゆっくり休んだからと言って原因が解消されるわけではない。
休暇が明ければ結局同じ状況に。
あくまでも応急処置。

部署異動を願い出る

業務内容がストレス、人間関係がストレスなら部署異動も。
ただそもそも部署が存在しないような中小企業では不可能。

また会社自体が変わるわけではないので、根本的な原因が解消されるとは限らない。
社風が合わないなど。

転職する

仕事から逃げる一番いい方法。

ただ無計画に辞めるのではなく、きちんと辞める
転職サイトを利用して次の仕事を見つけてから辞める

焦って次の仕事を見つけるのは危険。
自分が逃げたいと思った理由を明確にして、転職先で同じ失敗を繰り返さない。
辞めたい理由を紙に書いてみよう!

タイトルとURLをコピーしました