仕事を辞める決心がつかないあなたへ

辞めたい辞めたいと思いながらも決心がつかない
仕事を辞めることに対しての恐怖
決心がつかないまま何年もズルズルその会社で働き続ける
時間が経てば経つほど余計に決心がつかなくなってしまう

辞めたい辞めたいといいながら辞めない人や、変わりたいと言いながら変わろうとしない人は、もともとそういう生き方が好きで、自分で選んでそうなっているだけです。

辞めたいけど決心がつかない時にすること

以下の通りです。
決心がつかない人は読んでください。

辞めたい理由をハッキリさせる

決心をつける方法は以下の通りです
辞めてどうしたいのかをハッキリさせる
辞める理由がブレると迷いが生じて決心がつかなくなる
辞めよう!と思った時の心境を思い出そう

キャリアアップしたいのか
ブラック企業で最悪の労働環境から逃れたいのか
他にやりたい仕事があるのか

決心がつかない理由を考え、一つずつ潰していく

答えは自分の中にあります。
まずは自分を知ることから。
なぜあなたは決心がつかないのでしょうか?
思い当たる節はありませんか?
そこを一つ一つ潰していけば決心がつくはずです。

実は居心地がいい

労働環境は悪いが人間関係は良い
人間関係は悪いが労働環境は良い
給料は安いけど仕事は楽など
デメリットはあるけど受け入れれる範囲内
でもそれで本当にいいのか、もう一度考えてみましょう
他に優先するべきことはありませんか?
それは先程考えた「辞めたい理由」にあるはずです

周りの目が気になる

逃げたと思われたくない
迷惑をかけたくない
嫌われたくない、いい顔をしたい
退職を切り出すことができない
退職したらもう会うことはなくなるので気にする必要はない
違う会社に移ったあなたのことを気にする人はいません

責任感が無駄に強い

責任元が強いことは悪いことではありません
その責任感の強さが自分の将来を縛り付けているのかもしれません

辞めなかった場合の将来を想像する

5年後、10年後の自分を想像してみましょう。

辞めた後のことが怖くて決心がつかない

辞めなかった場合のことは考えていますか?
辞めずに会社に残った場合の将来を想像してみてください・

出世している、年収が増えていると想像できますか?
もし現状維持、または今より悪くなっていると思うなら決心をつけないと後悔するかもしれません。

会社を辞めた場合に起こりうる後悔と、会社に残った場合に起こりうる後悔、両方想像してみると、決心がつくかもしれません。

決心がつかないのは不安が大きいせい

でも後悔するのは辞めた場合だけでしょうか?
会社に残った場合でも後悔する可能性はあります。
あの時辞めておけば・・と。
惰性で会社に残り後悔する可能性だってありうるのです

転職先が決まっていれば決心もつくはずです。
私はそうでした。

決心がつかないままとりあえず転職活動を始めてみた
決心はついていなかったけど、仕事が決まったらすんなり辞める決断ができた

とりあえず転職活動を始めてみよう!

誰でも大きな変化は怖いものです。
でもとりあえず動き出さなければ現状は何も変わりません。
まずは転職活動を始めてみましょう。

今すぐ、絶対に転職をしなければいけないわけではありません。
軽い気持ちで試しにはじめて見ることで、辞める決心がつくキッカケになることもあります。

タイトルとURLをコピーしました