入社してすぐ辞める方法【思ってたんと違う!】

  • 思っていた雰囲気と違った
  • どうしても馴染めない
  • 業務内容が想像と違った
  • 提示された労働条件と異なっていた

入社してすぐに辞めるのはアリです!

  • 試用期間、研修期間だから
  • 手続きがめんどくさい
  • 世間体が悪い

などの理由で退職したいのに退職できない。

すぐに辞めていい理由

  • すぐ辞める人は意外と多い
  • あなただけではない
  • 採用する側からすると1週間で退職しようが1ヶ月で退職しようがさほど変わらない
  • 退職したいと思っている会社にいても意味がない
  • 辞めると決めたら辞めていい
  • ただし無断欠勤や連絡無しで辞めるのはNG
  • 次の就職のためにも円満退職できるように努力はするべき
  • 何か言われるかもしれないが割り切るしかない
  • 試用期間は会社があなたを見る期間だけではなくあなたが会社を見る期間でもある
  • ダメだと思った会社は辞めたっていい
  • 社会人失格ではない
  • そもそもすぐ辞めるような人を採用した会社にも責任がある

入社してすぐに辞める方法

  • 退職には体力と気力が必要
  • 今後のことを考えると円満退社しておきたい
  • 転職がスムーズになる
  • 試用期間中の退職は客観的に見るとマイナス要素
  • どこで情報が伝わるか分からない

退職の伝え方

  • 退職の意志は早めに伝える
  • 上司に直接会って退職の意思を伝えるのベスト
  • 相談ではなく報告
  • 退職したいという意思を伝える
  • どうしても無理なら電話で
  • 就業規則通り勤務を求めてくるか、明日から来なくていいとなるかは会社次第
  • 意外とすんなり辞めさせてくれる
  • 続ける見込みがない人を引き止めるより新しい人を採用したほうが早い

退職理由について

  • 労働者が自ら退職する場合は理由は必要ありません
  • 一身上の都合で通る
  • また入ったばかりなら、引き止められる事自体少ない
  • 新しい人を雇ったほうが早いので
  • 下手に本当の退職理由を言うと引き止められる場合もあるが改善してくれることはない
  • ただ試用期間中でも就業規則を守る必要はあるので注意
  • 就業規則に記されている退職手続きに沿って
  • 退職日の1ヶ月前までに申し出るなど

辞めた後の転職について

・またすぐに辞めるのではないかとマイナス要素になることは覚悟

前職の退職理由

  • 辞める時と違い退職理由が必要
  • 転職する企業を納得できるような退職理由を用意しておくこと
  • 退職理由が決まらないならすぐに辞めないほうがいい
  • ここでいう退職理由は辞める会社に説明するのではなく次に入る会社に説明するもの
  • 自分ではどうしようもないこと(事業縮小やリストラ、会社の不誠実な対応など)
  • ただすべて会社のせいや上司のせいにして伝えるのはNG
  • 自分が悪かったというまとめ方にするほうが印象は言い
  • その失敗から何を学んだかを上手に伝えることでプラスに持っていける
  • またはスキルを身に着けたい、成長したい、新しいことにチャレンジしたいという前向きな退職理由

経歴書に書かない方がいい?

  • 短期退職の場合、経歴書には書かないほうがいい?
  • すぐに辞めても職務経歴には明記すること
  • 経歴詐称になり、解雇対象になってしまう
  • 正社員や契約社員なら試用期間、研修期間であっても保険の履歴でバレる

退職は終わりではなく始まり

  • 重要なのは繰り返さないこと
  • 連続での早期退職はかなりのマイナス要素になってしまう
  • 何よりも自分が疲れる
  • ちゃんと転職活動をすれば本当にやりたい仕事や自分に合った会社を見つけることは可能
  • 本当なら次の転職先を決めてから辞めたほうが安全
  • できる限り転職先を決めておくべき
タイトルとURLをコピーしました